物流、ドライバー派遣ならアルバクルー(愛知、岐阜、三重、浜松、千葉、大宮)
トラック運転手の勤務形態と仕事内容は?実際はキツイの?

トラック運転手の勤務形態と仕事内容は?実際はキツイの?

トラック運転手の仕事には、どんなイメージを持っていますか?
キツイ労働環境を思い浮かべる方もいるかもしれません。

トラック運転手の勤務形態は、運搬する荷物や距離によってもさまざまです。
また雇用形態についても、正社員以外に派遣ドライバーという働き方があることをご存じでしょうか?

収入や待遇を含め、自分自身に合ったトラック運転手としての働き方を探すことは可能です。
今回は、トラック運転手の仕事は実際に「キツイ」のかどうか、わかりやすく解説します。

トラック運転手はキツイ?勤務形態と仕事内容

トラック運転手の勤務形態

中距離のトラック運転手の場合、クライアントが商品を早朝から陳列するのに間に合わせるために運搬するケースが多いようです。
そのため出発は夕方から夜にかけて多くなります。

勤務の流れとしては、出発前に出社し、アルコールチェックや積み込みを済ませる必要があります。
出発後は、出荷センターやクライアントの元など複数個所を回ります。
食事や休憩を挟みながら、早朝ごろまで運転することになります。
会社に戻ったら、再度、アルコールチェックや所定の事務手続きを済ませ、業務終了となります。

納品の時間に確実に間に合わせなければならないため、責任は重大です。
企業や業態にもよりますが、残業や休日出勤は比較的少なく、オンとオフをしっかりと分けたい人におすすめです。

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事内容はトラックのサイズによっても異なりますが、主な仕事はクライアントの荷物を目的地まで運搬することです。

大型トラックの運転手は長距離の運搬が多いため、運転時間も長くなります。
仮眠をとる必要があるケースも多いでしょう。

中型は、主要都市にある集配所などへの運搬が主で、大型に比べると移動距離も短くなる傾向にあります。

小型の場合は、主要都市に運ばれた荷物を各エリアの集配所へ分配することが主な仕事となることが多く、大手の運送会社であれば、ほとんどの会社が参入している仕事です。

トラック運転手は未経験でもなれる?

ここまでで、トラック運転手に興味を持った人もいるでしょう。
しかし、未経験からトラック運転手として活躍するには「会社選び」が重要となります。

ここからは、トラック運転手を未経験から始める際、会社を選ぶポイントをお伝えします。

研修や教育制度が整っているところを選ぶ

経験がものをいう職種のひとつですが、現在では未経験でも採用してくれる企業が多くあります

まず、教育制度が充実している企業を選ぶことがポイントです。
またドライバー派遣の会社などでは、多くの人材を求めています。一人前のトラック運転手になるための研修や教育が充実している会社が数多くみられます。
安心して仕事に就けるよう派遣ドライバーも視野に入れてリサーチすると可能性も広がるでしょう。

資格サポートのある会社を選ぶ

大型の資格を取得すれば、仕事の幅も広がります。

資格を取得するための費用に不安がある、心配という方はサポート支援をしてくれる会社を選ぶことも方法のひとつです。
物流を担う企業やドライバー派遣の会社では、大型自動車免許やフォークリフト免許取得にかかる費用をサポートしてくれる教育支援が充実している会社も多くあります。
サポートを大いに活用して資格を取得できれば、働き方も大きく変わる可能性があります。

トラック運転手の月収は30万円~!安定して高収入を得るには

トラック運転手の月収はおよそ30~35万円といわれています。 具体的にはどれくらいが多いのでしょうか。

トラック運転手の平均月収

大手求人サイトでトラック運転手の月収を調査したところ、およそ30万円~35万円の求人が多く見られました。
大型トラック運転手であれば月収50万円以上の求人もあり、月収30万円より低いことはほとんどないといえます。

企業規模やトラックのサイズによっても異なるのであくまでも目安ですが「トラック運転手は稼げる」というイメージはおおむね合っているといえるでしょう。

収入は、近中距離よりも長距離ドライバーの方がやや高い傾向にあります。
高収入を目指すなら中型・近中距離で経験を積み、そこから長距離ドライバーを目指すとよいでしょう。

また、運送会社のドライバーで歩合給がつく場合には、働いたぶん月収が高くなることもあります。

安定して高収入を得る方法

トラック運転手で安定して高収入を得るには、給与の確認とともに、会社の方針を理解しておくことも大切です。

頑張りをしっかり評価してくれる会社や、派遣ドライバーなど給与が明確に説明されるところを選ぶことをおすすめします。
安定した収入・高収入を目指すには会社選びが重要です。実績が豊富で、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

収入・待遇のよい長距離ドライバーを始めるなら

ドライバーの仕事に就きたいと思ったら、まずは体力的にも、時間的にも余裕のできる中近距離ドライバーから始めてみるとよいでしょう。

また転職先に運送会社が浮かぶことと思いますが、ドライバー派遣会社に登録することも効率的といえます。

初めてのドライバーの仕事でも安心して続けやすいバックアップ体制が整っている会社は、今増えつつあるからです。とくに、研修や教育体制の整っているところを選べば、初心者でも安心して働けるでしょう。

この機会に、ドライバーの仕事で自由と高収入を手にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。