物流、ドライバー派遣ならアルバクルー(愛知、岐阜、三重、浜松、千葉、大宮)
物流・運送業の人手不足はどうする?短期・長期な両視点での解消法

物流・運送業の人手不足はどうする?短期・長期な両視点での解消法

近年、物流・運送業界は人手不足が深刻な問題となっています。
物流の需要が増えている今、人材の需要と供給のバランスが危うくなるのもそう遠くはないかもしれません。

今こそ物流・運送業界は人手不足の問題を解消すべく行動する必要があります。簡単ではない問題ですが、放っておくこともできない重大な問題です。
そこで今回は、物流・運送業の人手不足について、原因と解消法をご紹介します。

物流・運送業界は慢性的な人材不足

人手不足を解消する糸口はどこにあるのでしょうか?まずは人手不足の原因を見ていましょう。

少子高齢化

物流・運送業界に限らず、慢性的な人材不足に陥っている業界が多くあります。

その原因のひとつに少子高齢化があげられます。
日本の総人口は2005年を境に減少しており、その傾向は現在も変わらず、少子高齢化は急速に進行しています。ネット通販が普及するとともに配送需要の増加・多様化するなか、高齢化により退職するドライバーが増えるのに対し、新たな働き手となる若年層がますます減少すれば、供給が追いつかなくなるのは必然です。

収入・待遇面での不満

物流・運送業界は一般的な企業と比べると、平均年収はやや低めであるといえるでしょう。

物流・運送業界ではまだまだ年功序列の傾向が強く、若年層が高い収入を得ることが難しい傾向にあります。そのため収入や待遇面で不満を持つ若年層も多く、貴重な人材が他業界へ流出している一因となっていると考えることもできます。

また、ECサイトなど小売店のサービス競争が過熱することで、そのしわ寄せが現場のドライバーや管理職にいっていることもあります。

物流・運送業界の収入が低いことは複合的な理由あり、一つの課題を解決すれば済むわけではありません。
さまざまな要因が重なり、収入が上がりにくい状態にあるといえます。

業界の外からのイメージが悪い

物流・運送業界は、労働環境のイメージが悪いことも人材不足の要因です。

「長時間労働で休みも取りにくい」「深夜帯の作業がほとんどなのに待遇悪い」「ブラック企業である」といった悪いイメージが定着してしまっていることで、求人は多くあるのに応募人数が集まらないことや、採用に至らないケースが多くみられます。
従来の労働環境改善されている会社も多いものの、依然としてこうしたイメージが強いのは、人材不足解消への課題ともいえるでしょう。

仕事量が増加傾向にある

インターネットが消費者にとって身近になり、今や多くの企業がオンラインショップを運営しています。
家にいながらにして注文できるネット通販の需要が高まるとともに、物流・運送業界の需要も大幅に高まっています。
その勢いはまだまだ止まることはなさそうですが、需要に応えるためには多くの人材の確保が必要です。

物流・運送業界は人材確保に向けてさまざまな課題を乗り越えなくてはなりません。

物流・運送業界の人手不足、どう解消する?

では、物流・運送業界が抱えるこうした人手不足はどのように解消したらよいのでしょうか。

労働環境を整える

人手不足を解消するには、労働環境を整えることが不可欠です。

どんな職場でも、長時間労働と人材不足は従業員の業務過多を引き起こし、離職につながります。
そのため、まずは労働時間の見直しや適切な人員配置を行い、長く働きやすい職場を作ることが大切といえます。

現在、日本で物流の中核を担っているのはトラックです。

そのため、トラックドライバーや運行管理に携わる人の労働環境を整えることが急がれます。
現場の効率化を図るとともに、宅配ロッカー・宅配ボックスの活用など荷物の受け取り方にバリエーションを持たせることも、ドライバーの負担軽減につながります。

多様な働き方を推進する

働き方の多様性にも目を向ける必要があります。

高齢化で退職するドライバーいる反面、技術と経験があり、働くことを望むシニアのドライバーも存在します。
そうした人材を活かせるよう、シニアドライバーが安心して業務に就ける体制を整えることも、人手不足を解消する手立ての一つとなるでしょう。

また外国人の人材を積極的に受け入れ、教育制度を充実させることも課題のひとつです。
言語や免許の取得において課題は多いものの、受け入れが可能となれば大きな戦力が期待できます。

他にも、家庭の事情で短時間しか働けない人でも働きやすい仕組みを整えるなど、検討すべき点は多くあります。

すべてを一度に行う必要はありませんが、できることから始めてみましょう。

ドライバー派遣を利用する

人手不足に悩む時間を失くし、即戦力としてのドライバーを求めるならば、ドライバー派遣を利用する方法があります。

ドライバーとして安心して仕事を任せることができるよう、研修を受けたドライバーを派遣してもらえば、即効性を持って人材不足を解消することができます。

また2024年問題といわれる、物流・運送業界にとって大きな節目の年が近づいています。
ドライバーの時間外の労働時間が制限されることによって、大きな影響が出るのは明らかです。
それまでと同水準の利益を維持できる会社は、一体どれほどとなるでしょうか。

経営者としても、賃金や保証を考えるとドライバーを雇用することに迷いが生じるかもしれません。
そうしたときには、雇用のリスクを抱えることなく、即戦力となってくれるドライバー派遣の利用をおすすめします。

必要なときにドライバーを確保できるドライバー派遣は心強い味方となってくれることでしょう。

人手不足の解消は短期・長期の両視点で考えよう

人手不足を解消するためには、多くの課題を乗り越えなければなりません。

労働環境を整備し、多様な働き方を推進していくためには、長期的な見通しと計画性が重要です。
一方現実は目の前の人手不足に「今すぐなんとかしたい。」と頭を抱えていることでしょう。

長期的な計画を進め、人材確保に向けて整えていくと同時にすぐに人手不足に対応できる方法も確立していく必要があります。
効率よくドライバー派遣などを活用していくことで、人材不足の改善点も見出すことができるのではないでしょうか。

2024年もすぐそこです。
短期的、長期的の両視点を持って、物流・運送業界全体で、立ち向かっていきましょう。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。