物流、ドライバー派遣ならアルバクルー(愛知、岐阜、三重、浜松、千葉、大宮)
一人でできる仕事ならトラック運転手がおすすめ!仕事の内容と収入を紹介

一人でできる仕事ならトラック運転手がおすすめ!仕事の内容と収入を紹介

人間関係に疲れない、一人でできる仕事がしたい」と思う人は、今非常に多いのではないでしょうか。
一人でできる仕事にはさまざまなものがありますが「一人でできる」という条件を満たしていても、しっかり稼げて安定した仕事と考えるとぐっと少なくなってしまいます。

そこでおすすめなのがトラック運転手です。
トラック運転手は一人でできる仕事であり、かつ「稼ぎたい」と思う人にもおすすめできる仕事です。
今回は、トラック運転手の仕事について、内容や収入を詳しくご紹介します。

トラック運転手は一人でもできる・稼ぎたい人におすすめの仕事

トラック運転手の仕事は、一人でもできる仕事です。
運転が主な仕事となるため、必然的に一人で業務にあたることが多くなります。 具体的にどんな仕事なのか、詳しく見ていきましょう。

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事は、ご存知のとおりトラックに荷物を乗せ、指定の場所まで届けることです。

トラック運転手の仕事一日の流れ

  • 7:00~7:30
    出社したらまず点呼・アルコールチェックを行い、運転する車両を点検します。
  • 7:30~9:30
    荷物を積んだら指定の目的地となるA社、B社までトラックを運転していきます。
    到着後は手降ろしあるいはフォークリフトを使用して荷降ろしを行います。
  • 10:30~12:00
    荷降ろしが完了したら、次の現場に立ち寄り、午後に回る予定のC社、D社の荷物を積み込むなどをして戻ります。
    休憩時間にはサービスエリアやコンビニなどを利用して昼食をとり、午後の仕事に備えます。荷物の積み降ろしは体力を使いますし、一人で長時間運転するのは眠くなりやすいため、人によっては仮眠が必要となることもあるでしょう。
  • 13:00~15:00
    お昼休憩を終えてC社、D社に到着したら、再度荷下ろしを行い、会社に戻ります。
  • 16:30~17:00
    会社によって異なりますが、アルコールチェックや日報を書き、一日の仕事を終えます。

近距離・中距離・長距離、それぞれの違い

トラック運転手というと全国をトラックで走り回るイメージがあるかもしれませんが、そうした仕事は主に大型トラックを運転する長距離運転手の仕事となります。

中型トラック(4t以上)の運転手は、距離にしておよそ50〜100kmの運転がメインです。
対して大型トラックの運転手は長距離を担当し、一日の走行距離はおよそ500㎞以上となります。

では、近距離(地場)運転手の走行距離はどうかというと、会社によって大きく異なるのが実情です。
半径20km以内で目的地から目的地へと動き回る人もいれば、近距離ドライバーといっても100~200kmを運転する人もいます。

長距離ドライバーの収入目安

長距離トラックドライバーの平均年収は400万円~700万円と、幅が大きくなっています。
会社や勤務年数、業務時間などによって違いがあるためですが、やはり運転時間が長くなり業務負担が大きくなるのに比例して収入も多くなるといえます。

中型と大型の違いは?

走行距離でなく、中型車・大型車での給与の違いもあります。

大型・中型トラックの運転手の収入は、年収にしておよそ450~550万円です。
この数字だけではわかりませんが、やはり大型トラックを運転できる人の方が長距離のルートも任されやすく、収入が高い傾向にあります。

また、大型免許を持っていれば普通車・中型車も運転できるため、条件のよい仕事を受けられる機会も増えるでしょう。

近距離・中距離・長距離、それぞれの違い

トラックの大きさを考慮せずに全体として考えると、トラック運転手の平均年収は正社員でおよそ377万円です。

収入平均は地域によっても異なり、東北・北海道では平均315万円に対し、関東では平均393万円となっています。

近距離のトラック運転手は参入のハードルが低く、女性やシニアでも始めやすいぶん、トラック運転手のなかでも収入は低めで、300~400万円が目安といえます。
普通車・小型トラックを運転することが多く、決まった店舗・集配所・事務所などへの配送、宅配便などが主な業務となります。
距離が短いからといってもラクな仕事というわけではありませんが、運転の時間が短いため、トラック運転手の経験がない人でも始めやすいでしょう。

中距離運転手も県をまたいで移動することはありますが、その日のうちに帰宅できる業務が多いことから、収入は400~600万円が目安となっています。 長距離ドライバーの収入は前述したとおり400万円~700万円程度が目安ですから、それぞれ収入の違いを見ていくと、走行距離が増えるにつれて収入が大きくなるようです。

収入・待遇のよい長距離ドライバーを始めるなら

今回は、一人でできる仕事として、トラック運転手の仕事をご紹介しました。

一口にトラック運転手といっても「中型・大型」「近距離・中距離・長距離」で仕事内容や収入に違いがあります。
最も高収入が期待できるのは大型の長距離ドライバーですが、免許を取得して経験を積んでいけば、決して難しくはありません。

誰でもチャンスを掴めるのが、トラック運転手の仕事です。
一人でできてしっかり稼げる仕事を探しているなら、ぜひトラック運転手も選択肢に入れてみてくださいね。

なお、もしトラック運転手として働きたいものの、未経験だからどうすればいいかわからないという場合は、ドライバー派遣会社への登録がおすすめです。
ドライバー派遣会社であれば一から仕事を探すよりも自分の理想とする職場が見つかりやすく、教育プログラムや福利厚生も充実しています。

万が一トラブルに見舞われても早急に対応してもらえるサポート体制も整っているため、初めてトラック運転手を経験する方にとって安心です。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。